オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > オンラインカジノは大丈夫? > オンランカジノのペイアウト率は?

オンラインカジノのペイアウト率は97%

ペイアウト率というものをご存じですか?

これはプレイヤーから集めた掛け金のうち、どのくらいを賞金として還元しているのかという割合です。払い出しパーセントともいいます。


競馬や競輪、競艇はペイアウト率が70〜75%といわれているので、75%を還元し、あとの25%が胴元の手元に残ることになります。パチンコでは80%、宝くじにいたってはペイアウト率は40%と、かなり低くなっています。

ロト6やミニロト、ナンバーズは、当たれば一攫千金を獲得できますが、こういったギャンブルはほとんど当たらないようになっています。集めた掛け金のうち約60%が、販売者のものとなる仕組みになっているのです。

これらにたいして、オンラインカジノのペイアウト率は96〜97%といわれています。ブラックジャックでは、連続で勝つこともあるので、ペイアウト率は101%になったりします。ブラックジャックはオンラインカジノのなかでは、「もっとも堅実に」かせぎやすいゲームということですね。

10,000円でオンラインカジノのゲームをプレイしたとすると、たとえ負けたとしても、ペイアウト率が97%なので9,700円は返ってくることになります。
(通常はドル表示ですが、わかりやすくするために円表示で解説しています)

ただし、これはあくまで理論値です。
勝てば150%にも200%にもなりますし、負けるときは70%という数字になることもあります。それがギャンブルというものです。ただ、ここでは、ほかのギャンブルと比較して、オンラインカジノがいかに稼ぎやすいかを、知ってほしいのです。

なぜ、これほどの高いペイアウト率を実現できるのかというと、インターネット上で完結したサービスなので、店舗を構える必要がないからです。店舗の維持費などの費用が必要ないので、その分、多くの賞金をユーザーに還元できるわけです。(必要なのはサーバー代くらいです)


オンラインカジノは、のめり込みすぎないことが大切


オンラインカジノはうまくできているもので、長く続けていると、わずか3%分が胴元(ハウス)に入ってくるようになります。そのためオンラインカジノを運営できているともいえますが、プレイヤー目線でいうと、のめりこみすぎなければ、
つねに勝ち続ける(ペイアウト率を100%以上にする)ことは可能です。


つまり、ある一定ラインまで負けたら、そこでとりあえずゲームを終了するということです。ルールを決めておくのです。投資におけるロスカットのようなものですね。とともに、もし勝ち続けたとしても欲を出さずに、一定ラインでゲームを中断することも大切になってきます。ヒットアンドアウェイですね。

また、負けが続いたときには、資金を枯渇させないための「バンクロール管理」(資金管理)も必要になります。ワイルドジャングルカジノは、0.01ドルからベットできるゲームが多いので、資金管理がしやすいです。通常は1ドル以上を賭けてプレイし、負けがつづいたときはベット額を0.01ドルとかに減らすわけです。

それにたいして32REDカジノは、1ドルや2ドル以上でないとベットできなかったりするので、資金があまりない人は管理がしづらいかもしれません。(32REDはお金持ちの資産家が遊ぶカジノといった感じです。VIP待遇も用意されていますしね)

オンラインカジノのペイアウト率は97%なので、日本の公営ギャンブルやパチンコなどにくらべれば、とてつもなく高い払い出しパーセントになっています。それでも、100%を切るので、結局は負ける可能性が高いといえます。やはりギャンブルなので、この点は、知っておく必要があります。この点に納得がいかないかたは、けっしてオンラインカジノで有料プレイしないでくださいね。

ただし前述したように、ブラックジャックでベーシックストラテジーという戦略を駆使すれば、オンラインカジノで稼ぐことも十分可能になります。一攫千金はのぞめないけれど、こつこつとお金をためていくことはできるわけですね。


1日で1億円も狙えるのがオンラインカジノ


もし、あなたが一攫千金を得たいと思っているなら、初回入金ボーナスなどを活用して、スロットマシンのプログレッシブジャックポットを狙うとよいでしょう。

運がよければ、一夜にして1億円を獲得できるチャンスもあります。
そのときにはペイアウト率97%どころではありませんよね。

ワイルドジャングルカジノでは、日本人によるジャックポット当選者が現実に出ています。その額、1億2700万円!!

当選者は20代後半の男性だったそうです。あなたもスロットゲームに挑戦すれば、そのチャンスは十分にあります。

オンラインカジノのペイアウト率は97%なので、ややプレイヤーが負ける確率のほうが高いですが、スロットゲームのジャックポットを見てもわかるように、運がよければ一攫千金を得られる「爆発力」を秘めています。ペイアウト率の高さもそうですが、こういった「爆発力」においても、日本のギャンブルとくらべて、オンラインカジノがいかに稼ぎやすいか、お分かりいただけたと思います。

オンラインカジノで稼ぐことができるプログレッシブの賞金はロト6なみですが、当たる確率は宝くじよりも高くなります。短期間で大きく稼ぎたい!たった1日で宝くじ並みの賞金を獲得したい!というかたは、ネットカジノのスロットゲームこそぴったりといえるでしょう。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた