オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > オンラインカジノは大丈夫? > オンラインカジノは日本の法律では大丈夫なの?

オンラインカジノは、日本の法律ではどのような位置づけ?

オンラインカジノを日本でプレイすることは、違法なのでしょうか?

これは初めてインターネットカジノでプレイする人が、かならずといってよいほどいだく疑問です。なぜなら日本の法律では、おおやけのものを除いて、賭博は禁じられているからですね。

競馬、競輪、競艇、オートレースといった三競オート。
あるいはロト6やミニロト、ナンバ−ズ3、4といった宝くじ。そしてパチンコやパチスロ。こういった公営のものは、日本の法律で守られているので、遊んだからといって罰せられないのは当然のことです。

しかし、これ以外の賭博となると、違法になる場合があります。
オンラインカジノも、これら公営ギャンブル以外の博打なので、いっけん違法のようにも見えます。

でも結論からいうと、オンラインカジノは日本の法律では違法ではありません
かといって合法でもありません。グレーゾーンという言葉が適している状態といえます。

日本の法律で賭博が禁じられているのは、提供する側と遊ぶ側の「両方」が違法である場合のみです。なので、「カジノ合法国」にサーバーを置いている海外のオンラインカジノで遊んだからといって、日本の法律に罰する権利はないのです。

海外に拠点があるオンラインカジノ
もし日本の企業が、日本にあるサーバーに本拠を置いて、オンラインカジノを運営しているとしたら、これは違法となります。なぜなら日本国内で、公営以外の賭博を行なっているからですね。

よくニュースなどで、ネットカフェがオンラインカジノの仲介をして、その手数料を得て摘発されたと報道されますが、これは日本国内でお金の動きがあるからです。

でも海外のサーバーにインターネットでつなぎ、オンラインカジノを楽しむ場合、賭博をしている場所が海外という解釈になるので、まったく違法ではありません。あたかも、ラスベガスやシンガポール、マカオ、韓国などに旅行で遊びに行ってカジノをプレイしたからといって、日本の法律が介入できないのといっしょです。

イメージとしては、あなたのパソコンをつかってオンラインカジノで稼ぐということは、ラスベガスにいって遊んでいることと一緒と思っていただいてよいでしょう。ですから、安心してプレイしていただいて大丈夫です。

いままで自宅のPCでオンラインカジノをプレイしたからといって、逮捕されたという人はひとりもいません。日本人が、ラスベガスに行ってカジノで遊んだからといって、日本の警察が逮捕できないのといっしょですね。

以上のように、オンラインカジノを日本国内でプレイすることは、合法ではないけれど、違法でもなく、それを取り締まる法律もない・・・これが現状といえます。

いまはカジノ合法化への流れが加速してきています。
日本でカジノが合法化されれば、まちがいなくオンラインカジノも認可され、合法となります。そのときこそ、オンラインカジノは大手を振って、社会的に認められる産業になるといえるでしょう。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノは英語なの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた