オンラインカジノで稼ぐ!スロットマシンで一攫千金!TOP > オンラインカジノは大丈夫? > オンラインカジノって英語じゃないの?

日本語に対応したオンラインカジノだけをご紹介

オンラインカジノって英語だらけで、日本人にはさっぱりわからないんじゃないの?と思っているかたがいるかもしれません。

たしかに全世界にオンラインカジノは2000社以上あり、そのほとんどは日本語に対応していません。でも、日本語に対応しているネットカジノも、けっこうあるのです。

当サイトでご紹介しているオンラインカジノは、すべて日本語に対応しているので、英語が読めなくても、まったく問題はありません。

とくに日本語化への対応が進んでいるオンラインカジノは、ワイルドジャングルカジノです。このカジノはプレイテック系のソフトウェアを使用しているので、日本語への対応がしっかりとしています。

たとえば、こんな感じのゲーム画面です。
これはワイルドジャングルにある、ビデオスロットゲームの「アイアンマン2」ですね。

ワイルドジャングルカジノのアイアンマン2

それにたいして、マイクロゲーミング系のソフトウェアをつかっているオンラインカジノは、やや日本語化が遅れている感があります。それでも、カタカナ表記などがあったりして、だいたい分かるものです。下の画像は、マイクロゲーミング系ソフトウェアの32レッドカジノのトップ画面です。

32REDカジノのトップ画面
日本人は、英語というだけで拒否反応を起こす人が少なくありません。
オンラインカジノは、もともと海外ベースで発展してきたものですから、当然といえます。でも上のような画面なら、なんとかゲームをプレイできますよね?


登録画面はアルファベットで記入


ワイルドジャングルカジノなどは日本語への対応が進んでいますが、ソフトウェアをインストールしたあとに登録するさい、英語ベースでの表記が求められることがあります。

たとえば有料登録するときに、住所などの記載をするのですが、そのさい日本人にはなじみのない「アルファベットで逆方向から記載」する必要があります。名前もアルファベット表記です。その点は、ほとんどのオンラインカジノで同じなので、心得ておきましょう。(知っておけば、あわてないものです)

>> 実際の有料登録のようすを動画で解説しています
(古い動画なので、今は、すこし画面の仕様が変わっています。)


日本人スタッフによるサポートの完備


ワイルドジャングルカジノでは、まったく英語は不要です。
しゃべれる必要も、読める必要もありません。ワイルドジャングルカジノにかんしては、日本人スタッフが365日24時間、ずっとサポートをしてくれています。

なにかゲームや入出金でわからないことがあれば、ゲーム画面内にある「オンラインサポート」をクリックすると、小窓が開きます。そこからチャットで、その場で質問できますよ。

ベテランの日本人スタッフが対応しますので、疑問もすぐに解消します。
これなら、何があっても安心ですね。(むこうから話しかけてきてくれます^^)

ワイルドジャングルカジノのライブチャット
そのほか日本語化が、やや遅れているオンラインカジノ(32RED)では、午後5時から夜中の1時までは、日本人スタッフが、メールのサポートをうけつけています。

32REDではチャットをすると、外人が英語で返してくるので、「受け付け時間内にメールで質問する」ことがポイントです。(それでも、文法的におかしな日本語のメールが返ってきますが・・・)

なので、もしも日本人サポーターに、いろいろチャットで質問したいというかたは、32REDカジノよりもワイルドジャングルカジノのほうがいいかもしれませんね。ただ、英語が堪能なかたは、32REDカジノのほうがオススメです。

このようにオンラインカジノによって、日本語化への対応レベルはまちまちですが、当サイトでご紹介しているオンラインカジノには、日本人スタッフが在籍しているので、かならず日本人と連絡を取ることができます。

当サイトでご紹介しているオンラインカジノはすべて、ゲーム画面内に日本語が導入されているので、安心して、オンラインカジノで稼ぐことだけに集中してくださいね。

【関連記事】
オンラインカジノは大丈夫なの?
  ・オンラインカジノと運営ライセンス
  ・オンラインカジノと日本の法律
  ・オンラインカジノは不正してるんじゃないの?
  ・オンラインカジノのペイアウト率とは?
  ・オンラインカジノの有料プレイの始めかた